この運指はアリか?新しい運指を発見しました。



スポンサーリンク

ギターの運指は未だにどうしようかな?と思うことがあります。

運指は、一通り練習してきましたけど、フレーズを弾く上でかなり重要になってくるので、長年弾いてきても考えるわけです。

運指の組み合わせによっては動かしやすい運指とそうじゃない運指があったりしますよね。

それをギタリストは練習して克服するのか、それが分かった上、得意な運指で弾いていくのか?という所だと思います。
ですが、フレーズ上どうしても、ここは!というのもあると思いますね。

なので、自分の得意な運指を知りつつも、やはり練習は必要になってきます。

人によって違うかなとは思いますが、ぼくが思うに運指の動かしやすさは…

  1. 人+中+薬
  2. 人+中+小
  3. 人+薬+小

の順番ではないかなと思います。



スポンサーリンク

小指は、初めて取り入れたとき、慣れてないので違和感があったりしますよね。
「うおっ動かしにくい!」なんて思う方もいらっしゃるんではないでしょうか。

ギタリストにとってネックになってくるのが、3番目の人+薬+小ではないですかね?

この組み合わせが得意なギタリストもいらっしゃると思いますが、多くの方が薬と小で苦戦しますね。

なので、これを練習するわけですね。

因みに、これは上昇とか下降でも違ってくるんですね。

きついなってなるのは、主に上昇だと思いますね。

つまり、薬→小の順番ですね。
小→薬はそこまできつくはないと思います。(これも人それぞれかな?)

ぼくも、一通り練習してきまして、時代によって運指が変わっております。

YouTubeで過去の動画を見ますと、人→薬→小で弾いていますね。
対して今は、これを人+中+薬で弾いていることが圧倒的に多いです。
意識してそうしてます。

そういう視点で色々なギタリストを見ていると、思った以上にそうしている方が多いなって印象でした。

まぁこればかり練習していると、薬指がなまってくるんですね。
これが、悩みどころですね、はい。

分かりやすいように、Tabを出しますと、こういうことです。

dwd

これは弾くフレーズのスピードとか、普段の考え方とかスタイルとか色々な要素で変わってきます。

どちらが正解とかはないです。

こちらは古い動画。
人+薬+小。

こちらは最近。
人+中+薬。

で、今まで考えもしなかったのですが、今日ギターを弾いておりまして、ふと閃きました。

人+中+小で弾いたらいいんじゃない?と。
どういうことかと言いますと…

ijo
こんな感じでございますね。

この場合、人+薬+小か、人+中+薬が上で書いたことですが、ここを人+中+小!

仮に動かしやすさに優先順位をつけるならば、薬より中指なので、これを思い付いたわけです。

どうでしょう?かなり強引でしょう笑

しかし、これが中々いいのですよ!

もう少し例をだしますと、これがスケール弾きになると…

xoko

殆どの方は、①か②で弾かれるのではないでしょうか?
で、ギタリストなら分かると思うのですが、①と②はよく似てますが、上で書いた通り、弾き心地は変わってきます。
そして、今回言いたいのは、でございます!

どうでしょう、よく見てみてくだい、すべて同じ運指で弾けてしまうのです!

いやぁ、なんで今まで気づかなかったのか?
常識に囚われていたのかもしれませんね。

別に、467を人+中+小で弾いたって良いわけです。
弾き方に正解はないですから。

これが今回の発見です。

そう、ぼくが発見したのだ!と主張したいのです笑笑



スポンサーリンク


ということで、まだあまり試してませんが、最初は頭が少し混乱するでしょう笑

それは、弾き込んで慣れるとして、もう一点。

ぼくはフレットとフレットの間で、自分の目から見てなるべく右側を押さえたいのです。
そこだけ注意ですね。
この方法で弾くと、中指が真ん中あたりにくるので、この辺を意識して弾き込む必要がありますね。

ということで、これで練習していくかは、まだ決めてません。
そう、選ぶと言うことは捨てるということなのでね。

まぁそれは、少し大げさかもですが、取り入れてみようかなとふんわり思っています。

こんなことを思い付いたので記事にしてみました☆

ではでは 🙂

ミニ・コードの練習の仕方

2017.03.16

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。