なんでそんなことしたの!って言われてもね。



スポンサーリンク

小さい頃、ぼくはいわゆる横着坊主でございました。

多分、中学校までなら学校中でぼくが一番元気があったでしょう笑

で、わんぱくで人10倍元気ですので、色々やらかすわけです。
(と言っても、ぼくのやらかすは元気の範囲内のことですが笑)

すると当然、先生(大人)に叱られるか怒られるかしますね。

「なんでそんなことしたの!!」って強烈に言われたものですね。

時には、頬ぶたれたりね。

時代ですね。(今ではアウトなのかな?)

で、子供ながらに思ってました。

「理由なんかねぇわ…」と。

そう、子供のすることに理由なんてありますかね?
(いつも言われるので、自分があかんのか?なんて子供ながら思ってました笑)

いちいち考えて、そういうことをするのかな?

あるとすれば好奇心でしたねぇ。


「やってみたい!」
って気持ち。

これやったらどうなるんやろう?って。

なんか無性に高い所からジャンプしてましたね笑

あれ、足痛いんですよね…

確かに、大人からみたら、ヒヤヒヤすることばかり子供はします。

高い細い塀の上、走りまくったりね…

子供は、身体使って試しているのでしょうね。

大人は賢くなった分、頭使って試さないことが多いですけど、子供は身をもって知るわけです。

そりゃ、吸収が早いですよね。

実体験ですもんね。

「なんでそんなことしたの!」って言った先生は大人だったんだなと、今なぜか思いました笑

まぁ、本当に危ないこともあるのでね、そこは気をつけないといけませんが。

大事なことだなって思います。

上り坂とは。

2017.05.17

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。