アドリブしたい人が必ずやった方がいいたった1つのこと



スポンサーリンク

今回は、「アドリブができるようになりたいなら、コレをしよう!」を書いてみたいと思います。

アドリブについての記事はこちら♪

あのぉ、「スケール覚えたんだけど、アドリブってどうやるの??」という質問への回答。

2016.08.20

書きたいことは1つです。



スポンサーリンク

人のギターソロをコピーしたら必ず自分で実際に使うこと

これですね。
僕が初心者時代に良くやっていたことが、お気に入りのCDの気に入った部分をコピーして、実際に自分の伴奏の上で弾いてみるでした。
(ということで、僕は人の曲を完全コピーしたことがあまりありません…)

既にフレーズをうまく使ったお手本のようなものが、CD音源ですよね。
それをコピーして弾けるようにします。

実際にCDに合わせて弾けるようになると嬉しいですよね!

しかし、これだけですと成長したのは、自分の指が動くようになったことだけです。
アドリブには、何一つ活かせません。

それを意識して実際にの伴奏の上で弾いてみないと、本当の意味で自分のモノにはならないのです

1度アドリブをしてみると分かりますが、意識しないとその覚えたフレーズはビックリするほど出てきません(使えません)

もう1度言いますが、自分のモノになっていないのです。

曲を弾くことが目標でしたらコピーまででよいです。
しかし、「アドリブをしたい!」となると、実際に伴奏の上で弾く練習が重要になってきます。

インプットしたらアウトプットすることです。

シンプルにコピーしたものをそのまま使えばいいのです。
勿論できるのならば、自分なりにアレンジしてもいいです。



スポンサーリンク

実際に弾くことで色々気付きがある

そうして、何度も弾いているうちに色々な気付きがあります。

「このテンポでは合わないな」、「このキーでは使えない」など、様々な気付きやレベルアップが見込めます。

そうして、何度も何度も何度も弾いているうちにいつしか「自分のモノ」になります。

自分のモノになったそのフレーズは、自分の引き出しにしまわれます。
そして、アドリブの時に瞬時に取り出せるようになるのです。

こういう時はこれ、この場合はこっちと、瞬時にフレーズがでてきます。

これが「アドリブをする」という事です。

アドリブの大半は過去に自分が練習したフレーズです。
(そうではない方もいると思いますが。)

そのフレーズをランダムに最高の形で最高のタイミングで弾けることを目標にしていくのだと思います。

アドリブは、とにかく練習量がモノを言います



スポンサーリンク

まとめ

コピーしたら実際に何度も何度も使うべし!!

あのぉ、「スケール覚えたんだけど、アドリブってどうやるの??」という質問への回答。

2016.08.20

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。