ギタリストにとってのわきまえ~技術は身につけるとつかってしまうもの~



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

練習すると身に付くもの、それは…

技術です。

他にも、精神力や、我慢等、色々あるかもしれませんが、練習の大部分はこの技術の習得ですよね。

そう、皆「弾けるようになる」為に練習するわけです。

ですが、気をつけないといけないのは、技術は一度得ると使ってしまうんですね。

技術は習得すると使ってしまう?!

たとえば、分かりやすいのが速弾き

これは、練習してる方も多いと思います。

そうして、ついに速弾きを手に入れると、所構わずつかってしまうのですね。
弾いてしまうのです。

その曲の雰囲気に合ってなくても、ここぞとばかりに弾いてしまう

まぁ気持ちはわかりますね笑
(最初のうちは仕方ないです、どんどん使いましょう!
曲中での入れ方が分かってきますので。)

で、段々わかってきます。

「あぁ、この曲にそれ必要無いわ」「この曲にこの展開いるの?」と。

しかし、できる自分を見せたいという気持ちは中々引っ込まない(かもしれない)

これがやっかいですよね。

以前、雑誌であるギタープレイヤーが言っていました。

「リスナーは、僕のプレーを聴くのがこれが最後かもしれない、そんな事を考えると、自分のもてる技術を全部入れたくなる。」

こんな感じだったと思うのですが、これもやはり気持ちはわかりますね。
で、その全部注ぎ込んだものが最後になるのは、また嫌ですけども笑

皆、必死で練習するわけです。
で、やっとこさ手に入れた技術です。
その技術はやはり使いたくなりますよね。
しかし、曲やシチュエーション、雰囲気にあっていなければ、やはりかなり異質なモノになってしまうでしょうね。

力士がスーツで試合するようなものでしょう!
(分け分からん例えをすみません笑)

なので、やはり場をわきまえないといけないですね。

哀しいかな。
音楽やらない人にとっては、自分の”こだわり”がどうでもよかったりするかもしれないです

それを分かってる事は大事ですよね。

たかがこだわり、されどこだわりですね。

とは言っても、やはり弾きたくなるものなので、そんな時はそういった曲をつくったらいいのです笑
曲が、求めてきたとき、それは技術を開放するときですね。

↑求めてきました★
これは、速弾きではなく、速く弾いていますです♪

ではでは 🙂

技術とお金と幸せと。

2017.03.10

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。