シンプルなのにトリッキー!試奏にはもってこいの開放弦フレーズを紹介!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回はシンプルなのにトリッキーな開放弦リックの紹介です★

それでは動画をどうぞ♪

TABをどうぞ♪

edfef

このフレーズで押さえるべきポイントは…

  • Eマイナーペンタの位置
  • ハンマリング・オン
  • 味付けテクニック

でございます。

押さえるポイントもシンプルですね笑

それでは早速解説に入りたいと思います。



スポンサーリンク

Eマイナーペンタの位置

fefe

イラストを見ると、あまり見かけない形かも知れませんが、これは2本指で弾ける箇所を抜粋した為です。

1本弦に2音と3音が交互にきているかと思います。
そのまま弾くのではなく、常にとなりあった2音&開放弦のセットでピッキングして弾くと覚えやすいかと思います。

この辺りは動画の説明での弾き方(0:53~)を参考にしていただければと思います。

ハンマリング・オン

edfef

弾き方は単純でピッキングしたら今のペンタをハンマリングしていくだけです。
ハンマリングは適度な強さで叩き、しっかり発音することがポイントになります。

後は下りたり上がったりして遊んだり、TABのようにストレートに下りていってもいいですね。
自由に遊んでみてください★

ペンタの位置の把握が慣れていないと何回も間違えるかと思いますが、楽しい気持ちで何回も弾いてみてください。
もしかしたら、間違えて弾いて箇所が案外かっこ良く響くかもしれません 😎

味付けテクニック

最後においしい味付けの仕方を紹介します。

個人的には内緒にしたいですね笑

今回に動画では2つ取り上げています。

  1. ピッキングハーモニクス
  2. ミュート

ですね。

この辺りも動画で解説しています。(2:48~)
文章よりも分かりやすいと思いますので、参考にしてみてください。

その他にも、出だしは少しゆっくりで、徐々に速くしていくなんてのもありですね。

色々試してみてください 😎



スポンサーリンク


いかがでしたでしょうか??

今回はシンプルなのにトリッキーに聴かせられる開放弦フレーズの紹介でした。

他にも開放弦リックを紹介してます♪

薬指1本で弾ける開放弦フレーズを紹介!!

2017.04.16

なぜ、トリッキーになるかといいますと、その名の通り開放弦が入っているからです。

この開放の音と弾いている音の音程差が大きいからですね。

試奏なんかで何を弾こう?なんて迷った時にも使えると思います♪
シンプル故に初めての弾き慣れないギターでも響かせれると思います。

気になりましたら練習してみてください★

ではでは 🙂

曲の終わりにはこれ!3和音に4thの音を入れたアルペジオを紹介!!

2017.04.29

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。