デキるギタリスト感満載のテクニカル・タッピングを伝授!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は音も見た目もかっこいいタッピング・フレーズを紹介します。

それでは動画をどうぞ♪

TABでございます♪

gwg

今回のフレーズで押さえるべき店は…

  • 右手と左手の位置
  • 練習方法
  • ミュート

でございます。

それでは解説に入ります。



スポンサーリンク

右手と左手の位置

gwg

まず、左右ともに、F#m7のコードトーンの位置を覚えます。

dwd

今回のフレーズは特にこの位置の把握が重要になってきますので、しっかり身体に覚え込ませます。
何回も弾いてみてください。

左手、右手ともにピッキングなしのタップ技になります。

F#m7の左手TAPの記事が他にもございます♪

ピッキング一切なしの滑らか両手タッピングアルペジオ

2017.04.06

練習方法

gwg

とにかく身体に入るまで、ゆっくり弾くとよいと思います。

自分のテンポでやってもいいですし、メトロノームをつかってやるのもいいと思います。
個人的には、メトロノームを使うのがいいかなと思いますね。

慣れないうちは、かなり両手ともに間違えると思います。
押さえていなきゃならなかったり、離さなきゃいけなかったりで大変です。
ということで、根気よく続けてください。
根気よく続けるにはどうしたらよいのか?を考えながらやるといいです。

左手も慣れるまでは叩いても音が出にくいかもしれません。
鳴らないからと、力むと音がシャープします。
程よい強さで鳴らせれるように、意識してみてください。

右手も移動が多いです。
特に5弦は距離的に開いた位置になるので、注意が必要です。

両手ともに2音弾いたら1音と交互にくるようになっていることを頭に入れておくといいかもしれません。

ミュート

この手のフレーズではミュートが肝になってきます。
ノイズが出てしまっては、フレーズの魅力がなくなってしまうので、しっかり余弦をミュートします。

左手は降りるにつれて人差し指がミュートしてくれます。
が、高音側を弾いているとき、低音側はノーマークになりますので右手でしっかりミュートしてください。

長袖をきている場合はまくった方がいいかもしれません。
袖で勝手にミュートが発動します笑
鳴らしたい音がならないとこれは本末転倒なので、注意してみてください。


いかがでしたでしょうか??

このフレーズはできるようになると面白いとおもいます。

今回は、F#m7でしたが、他の4和音コードでも勿論できます。
コード進行に合わせて弾いたり、アドリブ中で弾いたり楽しいと思います。
気に入りましたら練習してみてください★
ではでは 🙂

スウィープをドラマチック&メロディアスに奏でる方法

2017.04.12

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。