ノウハウや方法は意味がないのか?



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、世に溢れるノウハウや方法について僕の考えを書きたいと思います。

ノウハウや方法さえ手に入れば、物事はうまくいく様な気がしますよね。

ノウハウや方法は意味がないのか?

突然ですが、僕は子供の頃ミニ四駆にハマっていた時期がありました。
(今でも、流行っているのでしょうか?コースがあったりするのを見かけますね。)

b6ea434e34c1ffef96920fd66e3c4e24_s

ミニ四駆って、箱で売られていまして、それを買えばマシン1台が出来上がるわけです。
それだけでも、電池を入れれば走るのですが、それでは物足りなくなって改造をしていきます。

「速さ」や「かっこよさ」等を求めて、改造していくわけです。

改造をするには、当然部品やモーターを買っていくのですが、当時はお金もないので友達の速いマシンを見て指をくわえているという状況ですね笑

で、少しずつお金を貯めては買ってを繰り返し、試行錯誤してマシンをグレードアップさせていくわけです。

徐々にマシンは最初の頃より速くなっていくわけですね。

これが、まぁ楽しいわけです。

で、ある時、お金が一気に貯まったので、ミニ四駆1台と改造に必要な部品をまとめて買った事がありました。
家に帰って早速つくりました。
今までに、改造をしてきた知識はあるので、最初から速いマシンとして仕上げました

そして、実際走らせた所、思った程速さを感じず、あまり感動が得られませんでした
(これは、僕の改造の仕方に問題があったか、期待が大き過ぎたのかもしれませんが…)

kol

しかし、そのとき子供ながらに感じた事は…

何かをすっ飛ばして欲しいものに迫っても結果に結びつかないのではないか?ということでした。

つまり、この何かというのが、試行錯誤や行動だったりします。

見合わない高価な服やアクセサリーで着飾った所で、一時的に見た目は変わるかもしれませんが、本当の部分で変わったのか?といったところです。

お金を支払う事で、ノウハウや方法や知識等は簡単に得られます。
が、自分の身になるのかと考えれば「否」だったりします。

これだけ、世の中にノウハウや方法が溢れているのに、結果を出している人が少ないのはなぜなのでしょうか?

ギターの場合で言うと…

ギターに置き換えて話しますと、例えば「脱力」について。

「脱力が大事」とよく聞きませんか?

(実際に大事や必要かどうかはここでは置いておきますが…)

これも、1つの情報や方法ですよね。

しかし、初心者の方がこれをそのままやって効果があるのかと言えば、「否」でしょう。

なぜなら、脱力する前の自分を知らないからです。

そのような情報は今の時代でしたら、YouTubeだったり、ブログだったりギター教室にお金を支払う事で簡単に得られます。
が…
簡単に得られるのですが、効果はないに等しいのです。

0の自分にいきなり試行錯誤をすっ飛ばした情報(本来なら自分の時間と経験によって得られるもの)をいれても効果はないのですね。

もう少し書きますと、脱力が大事と謳ってる人は、きっと脱力してこなかった人達なのです。

IMG_1326

ここが重要だと個人的に思います。

脱力してこず、ぎちぎちに力を入れていた→自分に試行錯誤や経験値がたまっている

そんな時、「脱力が大事」という知識を手に入れた(自分で見つけた)
すると、今までできなかった事が嘘のように、できるようになった。
そして、「人に脱力は大事です」と伝えるようになった。

という事だと思うのですね。

つまり、お金を払って、脱力論を買った方には、この試行錯誤や経験の大事な所がすっ飛んでるのですね。

「うまくできない」といった比較対象がないのです。悩みが存在しない。

ということで、
脱力が大事の意味が本当の意味で分からないし、脱力する事でえられる効果が比較できないので、実感出できないのですね。

つまり、思ってよりミニ四駆が速くならなかったということなんですね。

今の世の中、いや、以前からあったでしょう。
こういう事が本当に多いなと感じます。

本屋さんに並ぶ本のタイトルだったり、インターネットの情報だったり。

しかし、情報を提供している方が悪いのではないです。(中には悪質なものもあるかもしれませんが)
情報を提供している方は、なにかしら役にたてばと考えての事でしょう。(と思いたいよね)

つまり、受け取る自分が0だと、効果もやはり0になるということなんです。
結局は、現実世界はゲームの攻略本のように近道はないのですね。

何よりも自分自身が興味を持って取り組む事ができなければ、情報はすべて机上の空論です。

逆に受け取る自分に経験値がたまっていれば、物凄く伸びる事もあるでしょう。
(上のぎちぎちに力入れてた人のように)
ずっと分からなかった事が解決して花開くときですね。

結局は自分次第だと言う事になりますね。

まとめ

手っ取り早くノウハウや情報を手に入れても、近道はできないということでした。
ノウハウさえ手に入れば、簡単に物事がうまくいくと考えている場合、そうならなかった時どうなるのかということです。
そのままやめてしまえば、頭だけがでっかくなってしまうかもしれません。

ミニ四駆はちゃんと試行錯誤した自分のノウハウなので、速くならないとおかしいのですが笑
経験自体が微妙だったのかもですね、もう一度やってみたいです★

ではでは 🙂

ストラトキャスター愛を語ってみる。

2017.03.09

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。