ワイドな動きがかっこいい!スウィープ&タップ!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、Am7のスウィープ&タップでございます★
これができれば、テクニカルギタリストの仲間入りでございます 😎

それでは、まずは動画をご覧ください♪

TABでございます♪

gthj

今回のフレーズでのポイントは…

  • コードトーン(2箇所)
  • 移動するミニスウィープ&タッピング

です。

それでは、解説に入ります。



スポンサーリンク

コードトーン(2箇所)

Am7(ラドレミソ)は、基本フィンガーボード上に4ポジションあります。
そのうちの2つがこちらです。

gyd

上の二つはどちらもAm7(ラドレミソ)のポジションとなります。

くっつけてみると、このようになります。

frfw
このように弾く事でフィンガーボードをワイドに駆け巡ることができます。
また、見た目のインパクトが派手になるのもいいですよね♪

移動するミニスウィープ&タッピング

gthj
先程の2ポジションをミニスウィープにスライドを用いて移動します

上の[だだだ]と[あああ]がミニスウィープになります。

だ→ダウンピッキング
あ→アップピッキング

[お豆知識] 基本スウィープは連続するピッキングが3音以上からです。
2音は、スウィープではなくエコノミーピッキングとなります。

一回目の[だだだ]を弾いたら、スライドで2ポジション目に移動します。
そして移動先でもう一度[だだだ]を弾きます。

1つのポジションで練習してから繋げていくのがよいかと思います。

1弦12から15Fにハンマリング後、右手でタッピングします。
上のTABのように、タッピングした右手をスライドさせて19と20Fを弾きます。

ぼくはこの場合、中指でタッピングしています。
タッピングをしっかり発音させることが、フレーズを綺麗に聴かせるコツです。

その後は、[あああ]とアップスウィープをします。

最後はヴィブラートをかけてフレーズを終わっております。
この最後をしっかりすることが重要です。

3本弦スウィープに慣れることと、それをうまく繋げる2点が攻略の鍵になってきます。


いかがでしたでしょうか??

今回はミニスウィープとタップを使ったフレーズ紹介でございました。
この動きを覚えると色々応用が利いておもしろいのです★

フレーズをつくるのも又、楽しいと思いますね 😎

気に入りましたら、チャレンジしてみてください★

ではでは 🙂

[TAB&解説]リニアに移動するインパクト大なチキンピッキングを解説!!

2017.04.02

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。