ワープペンタで超絶ギターソロ!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、ペンタトニックを使った、テクニカルな弾き方をご紹介いたします。
名付けて、ワープペンタでございます。

それでは、まずは動画をご覧ください。

ペンタトニックに限らないのですが、ギターはそのチューニング(レギュラー)の特性上、6.5弦と4.3弦と2.1弦のペアにできます。
何のペアかと言いますと、運指と弾き方が全く同じ要領で弾けるという事です。

これは、とっても大きなメリットでございます。
その一つに、例えばスケールを一箇所しか知らなくても、違うポジションにいけることができます。
つまり、ペンタトニックは皆さんが最初に覚えるであろうポジションがあります。

これです。
ペンタ

多分ほとんどの方がここから覚えていくのではないでしょうか??
そして、ここのポジション以外に外に出られないなんて方もいらっしゃるかもしれません。

で、先程言いましたペアの考え方を使うとこのように捉えられます。

mc
いかがでしょうか??
右のペアの図を見ると、全部ソラドレになっています。
そして、運指(指位置)が全部同じになっていることが分かると思います。
ただし、ミの音が抜けていますね。
これは、考えどころで、ミを弾きたいと思えば足していけばよいです。

っっdf

このように。
これは、ペンタでよく使われる弾き方ですね。
このように、スケールポジションを覚える味方にもなってくれます。

そして、考えどころで、あえてミを弾かないのです★

こうすることによって、活きてくる部分が出てくるという事ですね。
運指や、フレーズの響きや、今回のようなフレージング等。
色々ありますが、1番はあまりこういう弾き方をする人がいないということですね 🙂

だから、内緒ですよ♪

因みに、ペンタも少し外に飛び出すことができましたね♪
5〜8Fまでだったのが、3〜10Fまで弾けました。

これは、何もペンタだけに限りません。
スケールだってそうですね、2本指のパワーコードみたいな感じでも適用可能なんですね。

つまり、スケールを仮にある一部分しか知らなくても、それで終わりではなく、少なくともその部分だけは6弦から1弦まで弾けることになるのです。

自分で書くのもあれですが、大変便利だと思いますね★

内緒ですよ笑

このソラドレは、2本指のみ。人差し指と薬指のみで弾けるのですね。
とてもシンプル!
この2本指を使えるポジションがペンタには2箇所あります。
それがこれ。

kokoko

この2ポジションは、人&薬でございます。
これを使わない手はないです笑
ということで…

kokokofv

コレを…

lplphg

このように、レガートで弾くことにしました。
ピッキングは最初の一回のみです。
あとは、ひたすら左手で発音していきます。
弦の移り、最初の一音は、左手を指板に叩き付けて音をだします。
適度な強さでね!

考え方はシンプルなのですが、弾くのは中々手強いですね。
身体が覚えるまで何度も繰り返します。

勿論、全部フルピッキングするのもまたいいですね。

まさにこの動きがワープしているような感じなので、ワープペンタです。
見た目のインパクトも大きいかなと思います。

そして、こちらも同じく。

fffffff

要領は同じです。

そして、この考え方にさらにタッピングを足して、大技です。

っgっっっっj

5音ワンセットで、トントンと2回同じ所をタップします。
僕は、今回爪でタップする事にしました。
こうすることによって、確実に音がなること、またピックでタップしたような少し明るい音になりますね。
ゲームサウンドのような感じでしょうか。

で、なんだか規則生はありそうですが、タップが入ってくると、TABが複雑になってきますよね。
こういう時は頭の中を明確にするため、書いちゃいます。
すると…

12345
こんな感じです。

kokokofv

もとは先程のこれなんです。
これに、赤い所をタップしていくのです。
ペアの考え方はこのタップ・ポジションにも表れてますね!
だから覚えやすいのでないでしょうか??

6.5弦、4.3弦、2.1弦のペアで表を見れば、すべて同じ形が見えてきますよね!

こちらも、何度も弾いて身体に覚えます。
タッピングに限らず、ノイズに気をつけてください。

如何でしたでしょうか??

今回は、ペアの考え方を用いた、ペンタフレーズの紹介でございました★

こちらも貼っておきますので、よろしければ★

ではでは 🙂

完全感覚的に激速ギターソロを弾きまくった男。

2017.02.23

寒い夜には、スウィープかまそうぜ!![フレーズ解説]

2017.02.22

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。