弾くと巧いと言われるアルペジオをご紹介!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、ぼくが3回ほど人前で弾いたとき、3回とも「うまい」と言われたアルペジオについての紹介です★
その名もDDUアルペジオ[ダウン.ダウン.アップ.アルペジオ]です。

まぁうまいと言われたとかは、どちらでもいいのですが笑

フレーズありきといいますか、このフレーズを弾く為のアルペジオ・パターンですね。

まずは動画をどうぞ♪

それでは、TABです♪
frh

では解説に入りたいと思います。


スポンサーリンク

右手の使い方と左手のフォーム

<左手>

まず、コードフォームはこちらです。
指の押さえ方でございます。

gthjh
中指と小指は固定です。
①→④の順番でコードチェンジしていきます。

①は人差し指
②は開放弦(何も押さえない)
③、④は薬指ですね。

慣れない方にとっては結構ストレッチになりますので、指が痛く鳴る前に休憩してください。

<右手>

この奏法で大事なことが2つあります。

  • ミュート
  • 連続ダウン

です。

<ミュート>

右手はミュートをかけて音価(音の長さ)を短くします
ミュートがないと、何を弾いているのかわからなくなりますし、このフレーズの意味がなくなります。

<連続ダウン>

連続ダウンの部分は、1音1音しっかりピッキングします
コードストロークのように弾いてしまうと、これまたフレーズが変わってしまいます。

③のコードのみ…
kijife
これですね。
これのみ、5弦を飛び越えて弾くので注意が必要になってきます。
距離感を意識して練習するといいと思います。

一気に全部弾こうとせず、一つのコードで1音ずつ意識して練習していくとOKです★

このフレーズは多少速く弾けた方がかっこよさが出ると思います。

最終的に速く弾けるように意識してみてくださいませ。


いかがでしたでしょうか?

うまいと言わるかは置いておいて笑
曲の展開の中でこのようなフレーズをもってくると面白かったりするので、気に入りましたら練習してみてください★
少し緊張感のあるフレーズで目立つと思います。

ぼくはこのパターンが好きでよくやりますね★

ではでは 🙂

スケールを7音ひとかたまりでクールに上昇していくレガートタップフレーズ

2017.04.08

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。