確実に実力をつけるために持っておく1つの意識



スポンサーリンク

夜なのに暑いですね、練習しているだけで汗がたれてきます。

そう、練習の話なのですが、練習したらうまくなりたいですよね。

今回は練習する時の意識について、ぼくの体験と気付きを書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

がむしゃらに練習すればいいのか?

がむしゃらと言う言葉があります。

(何も考えずにとにかくめちゃくちゃやる…みたいなイメージです。)

「あれこれ考えず、がむしゃらにやれ!」なんてよく聞きますよね。

ぼくもこの「がむしゃら」という言葉は嫌いじゃないです。

むしろ、好きです。
なんかかっこいいですよね!!

しかし、がむしゃらに練習していては、なかなか目的地にたどり着けないんですよね。

うまくならないのです。

がむしゃらにやれば、沢山の時間を練習にあてるので、やった感はあるのですが。
時間を使って練習をするのですから、確実に実力をつけたいですよね。

 

練習によってどのようになりたいのか?をはっきり意識すること

 

練習をする時にとても大事だなと思うことがあります。

それは、練習することによって「どのようになりたいのか?」をはっきりさせておくことです。

歩き出すときに目的地がはっきりしているということですね。

「どのようになりたいか」がはっきりしていると…

 

星が描いてありますが、これが「なりたい自分」→目的地です。

星がはっきりしていれば、このように一直線に向かって行けるのです。

「なりたい姿」がはっきりしているので、「そのために何をしたらいいか?」がとても明確になります。

無駄な努力をしなくて済むということです。

「どのようになりたいか」がはっきりしてないと…

このように進むべき方向がわからないですね。

もしかしたら、目的地と反対方向に進んでしまうかもしれない。

そして、その中で気持ちや考えがブレたりもします。

一生懸命リンゴを育ててたのに、隣の人がメロン作ってると、メロンが作りたくなってきたりします。

定まらない…

こうやってブログを書いていると、「そりゃそうだよな…」と思うのですが、意外にこういうことが起こるんですね。
毎日の流れの中で何気なく練習していると、気付いた時にはこんなことになってたりする。

練習毎に目的地の意識を確認することがいいと思います。

がむしゃらに練習することはいけないのか?

しかし、いつも目的地がはっきり決まっている人も少ないかもしれません。

がむしゃらにやって初めて「なりたい自分」→目的地が決まってくることもあります。

ということで無駄な練習はないですね。

無駄な練習はないですが…
確実に実力をつけたいのであれば、やはり「なりたい自分」を意識する事が大事だと思います。

まとめ

確実にうまくなるためには、「なりたい自分」をはっきり意識させておくこと。
この練習によって、自分は「何を得たいのか?」「どのようになりたいのか?」ということですね。

ぼくも遠回りをしました。
遠回りをしたからこそ、身をもって自分で気付けたのはよかったですけどね。

練習できない人

2017.06.22

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。