薬指1本で弾ける開放弦フレーズを紹介!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、指1本でできる開放弦をつかった音程幅の大きいリックを紹介します。
音程幅が大きいと、テクニカルでトリッキーな印象を聴き手に与えます。
ですが、今回のフレーズは特別トリッキーではないかもしれません笑
しかし、薬指1本で弾ききれます★

それでは動画をどうぞ♪

TABをどうぞ♪

dgdefe

今回のフレーズで押さえるべき点は…

  • 開放弦とは?
  • Eマイナーペンタの位置
  • 右手(ピッキングパターン)
  • 左手

それでは早速解説に入りたいと思います。



スポンサーリンク

<開放弦とは?>

開放弦を弾くとは、左手が弦をどこも押さえていない状態で弾くことです。

今回のフレーズでは押弦と開放弦を交えて弾いていくフレーズになっています。
例えば、1弦をチューニングするとき、「ミ」の音に合わせます。
1弦12フレットも「ミ」であり、これは開放弦より1オクターブ高いミになります。

sdwd

楽譜にすると分かりやすいですが、音程幅が大きいですよね。
これを利用するわけです。

常に開放弦を入れていくことで、聴き手に音程幅の大きさを印象付けます。
因みに押弦のフレットが0Fに近づく(左側にいく)につれて、幅は小さくなっていきます。

 

Eマイナーペンタの位置

grgrg

まず、今回のフレーズで弾いているポジションでございます。
Eマイナーペンタに♭5の音を加えて弾いています。

毎度の法則ですが…

6.5弦=4.3弦=2.1弦ペアです。

つまり6.5弦Fで弾けるフレーズは、運指、ピッキングパターン同じで4.3弦、2.1弦で弾けます。
赤四角でかこったポジションは全部同じ型だと分かります。

因みにこの開放弦フレーズはEマイナーペンタを適当に開放弦と絡めて弾けばそれなりに形になると思います。
気軽な気持ちで遊んでみてください。

Eマイナーペンタの好きなポジションを開放と絡めて弾けばワンフレーズ完成です。

気をつけなければいけないことは、キーによって開放弦が使えない場合があるこです。

このフレーズはキーEmを想定しているので、バックのコードの兼ね合いもありますが、あまり気にせず6本弦すべての開放弦をつかえます。
しかし、キーによっては、開放弦を弾くと音が外れてしまう場合もありますのでお気をつけください。

右手(ピッキングパターン)

動画でも弾いておりますが、は全てタータタータタータタータターターです。

fef

ピッキングの順番に注目してみてください。
これ実はオルタネイトになっています。
ダウンとアップが常に交互になっています。

しかし、プリングの所はピッキングしないので空白になっているんです。

つまり…

fef

このように空ピッキングが入っているわけです。
空ピッキングとは、()の部分。
右手は振るが、弦にヒットさせない奏法です。

しかし、これだけ説明してなんですが、ぼくは空ピッキングは意識していません
自然にそうなる(結果オルタネイト)感じですね。
慣れるまでは、左手はミュートして、右手だけ練習するのも良いと思います。

左手

3音3音3音3音2音2音の16音フレーズになります。

逐一弾いたら開放弦プリングを絡めていきます。

慣れれば楽に弾けると思います。
それまでは、一つのフレット(例えば出だし1弦19F)でひたすら練習するのがいいと思います。
動画でもやっておりますので、よろしければ参考にしてみてくださいませ。



スポンサーリンク


いかがでしたでしょうか?

ひとたび身体に入れば、わりとすんなり弾ききれると思います。
肝は右手のピッキングパターンになると思うので重点的にやってみてください★

薬指1本しか使わないわりには、それなりにフレーズに聴こえると思うので興味がありましたら練習してみてください★
このフレーズじゃなくとも、適当に開放弦にEマイナーペンタを混ぜて遊んでみることはオススメです♪

ではでは 🙂

デキるギタリスト感満載のテクニカル・タッピングを伝授!!

2017.04.13

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。