高難易度タッピングに挑戦!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回はタッピング技をやってみたいと思います。
それでは動画をどうぞ♪

TABをどうぞ♪

tap tap2

弾く前に把握しておくこと

  • 右手タッピング
  • 右手と左手の交差
  • 左手先行タッピング

となります。


スポンサーリンク

解説

このフレーズには、3種類のタッピング技がでてきます。
(以下タッピングをTapとします。)

難易度としては高いかなと思います。

大きく分けますと…

  1. 小節1の1拍〜2拍目
  2. 小節1の3拍〜4拍目
  3. 小節2の3拍〜4拍目

1と3が大事になってきます。
できると色々フレーズに応用が効くと思います。

2は、やらなくてもいいですね笑
当時の僕がYouTubeに動画をUPするということで、派手目な技を盛り込んだだけでございます。

1について

これはクロマチックで親指と小指以外の3本+Tapなので割とスムーズに弾けると思います。

慣れない方は、最初の3弦の4音のみをひたすら弾いて、徐々に弦を増やしていくとよいと思います。

2について

とにかく「右手を左手より左に持っていく」ということに慣れるしかないですね。
最初は左手にぶつかったりすると思いますが、根気よく続けると慣れてくると思います。

左手は同じなので、そこさえ攻略できれば弾けると思います。

3について

3がきっと1番難しいと思います。

これは左手先行と言って、左手を指板に叩き付けることで発音します。
この左手TAPの動作が単純に最初は難しいと思います。
慣れないと音が単純にでないですね。

テレビでも見ながら、余裕をもった気持ちで、人差し指をパンパンとあてる練習をしてみてください。

この最初の1音さえ鳴れば、9割完成です。

あとは、4音目にTapが入るというところで、慣れてこれば弾けると思います。


スポンサーリンク

<個人的ポイント>

練習はゆっくりなテンポも速いテンポも織り交ぜてバランスよくやるといいと思います。

ゆっくりから徐々に速くしていく練習や、弾けないけど速く弾いてみるなど色々試行錯誤してみると楽しいと思います。

Good luck!!! 😉

1本弦レガートに挑戦!

2016.07.10

左手先行!タッピングに挑戦☆

2016.07.07

 

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。