Cメジャー・スケールをそのままズラすとどうなるの??



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、Cメジャー・スケールをズラすとどうなるのか?を書いていきたいと思います。

アドリブやスケールが分からない方はこちら♪

あのぉ、「スケール覚えたんだけど、アドリブってどうやるの??」という質問への回答。

2016.08.20
最初に頭に入れておこう!…☞
●イタリア語:ドレミファソラシ
●英語:CDEFGAB
となります。
つまり、Cメジャー・スケールは、<ド>メジャー・スケールですね。

それではいきましょう!



スポンサーリンク

そもそもズラすとは??

例えばこのようにズラしてみます。
Cメジャー・スケールをそのままの型で2フレット右にズラしました。

Cメジャー・スケールをズラしたので、Cメジャー・スケールではないことが分かります。
では、一体これは何スケールになるのでしょうか??

結論から先に言いますと、Dメジャー・スケールとなります。

まずイラストを見てください。

音名を書いてみました。

  • Cメジャー・スケール→ドレミファソラシ
  • Dメジャー・スケール→レミファ#ソラシド#

ファとドに#がついています。
Cメジャー・スケール(ドレミファソラシ)には#はありません

音だけを見ても、そのままの型でズラすと違うスケールになることがわかりますね。

#がなくレから始まる場合(レミファソラシド)、この音の並びは、Cメジャー・スケールになります。

もう少し詳しく教えて!!

指板にはこのように音が並んでおります。

このCメジャー・スケールの型を、黒丸を中心としてズラせばいいのです。
(5弦の黒丸で見ると分かりやすいと思います。)

つまり、黒丸を5弦3フレットのCに合わせば、もちろんCメジャースケールになります。
黒丸を5弦5フレットのDに合わせば、Dメジャー・スケールです。

では、Fメジャー・スケールを弾きたければ…?

8フレットのFから弾き始めればいいわけですね。


スポンサーリンク

Cメジャー・スケールを全ポジションで覚えよう!

まず何と言ってもCメジャー・スケールを覚えましょう

いきなり全部を覚えることは難しいかもしれませんが、最終的には覚えることをおすすめします。

今回は分かりやすく5弦から3弦まででイラストをつくりましたが、当然6弦から1弦、0フレットから最終フレットまで音はあります。

Cメジャー・スケールを1つ覚えれば、あとはそれをズラすだけで他のメジャー・スケールが弾けますね。
言うのと弾くのは違いますが…

他のメジャー・スケールが弾けるということは、他のKeyでアドリブが弾けるということですね。
Eメジャー・スケールが弾けるということは、Key=Eの曲でアドリブが弾けるということです。

これはやるしかないですね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回のまとめとしては2点です。

  • Cメジャー・スケールの型を覚える
  • 指板上の音の並び(英語)を覚える。

以上でございます。

まずは、Cメジャー・スケールですね 😛

アドリブしたい人が必ずやった方がいいたった1つのこと

2017.06.20

あのぉ、「スケール覚えたんだけど、アドリブってどうやるの??」という質問への回答。

2016.08.20

 

スポンサーリンク







4 件のコメント

  • ギターを弾いて30年w
    未だにアドリブが思うように弾けません・・・
    Cメジャースケールを効果的に全ポジション覚える練習方法ってありますか?
    CメジャースケールとAマイナースケールって同じ?ですか??

    • コメントをありがとうございます!!
      YouTubeにアドリブの動画を公開しました。
      (https://youtu.be/50EX_RfIO_8)
      この動画をUPしたら、Wi-Wiさんに即、返信をすると決めてましたが、
      大変遅くなってしまいました。
      申し訳ありません。

      Cメジャー・スケールはドレミファソラシですが、
      これをラからのスタートにして、ラシドレミファソと並べると、
      Aナチュラル・マイナー・スケールとなります。
      (マイナーの方は、”ナチュラル”がつきます。) 
      ということで、「同じ音」です。

      なぜこうなるのか?と言いますと、
      メジャー・スケールの3番目、6番目、7番目の音を半音下げると、
      マイナー・スケールになります。

      つまり…

      Aメジャー・スケール
      →ラシド#レミファ#ソ#
      の3番目、6番目、7番目の音を半音下げると…
      →ラシドレミファソとなります。

      ラシドレミファソはドレミファソラシ(Cメジャー・スケール)
      と同じ音ですよね。

      ということで、
      Cメジャー・スケールとAナチュラル・マイナー・スケールは、
      同じ音となります。

      いかがでしょうか、お役に立てると嬉しいです^-^

      • なるほど〜!Aナチュラル・マイナースケールとAメジャー・スケールの違いがよくわかりました!
        バッキングに合わせて魔法の6音でキーを探してポジションを広げていけば楽しみながらメジャースケールを覚えらそうです!

        ペンタトニックも6弦Aから始まるポジションしか覚えていなくてマンネリしてましたが、Fightingdogさんの動画をみて全ポジション覚えられてフレーズの幅が広がりました!
        「全ポジション覚えていないのはまだまだあまい!」と動画ではっきり言っていただいたので
        「よし!」てやる気になりましたw

        本当にありがとうございましたー!
        今度、アドリブの動画をアップしてみようと思います!

        • ご返信をありがとうございます。

          メジャー・スケールのポジションを覚えてしまえば、
          ナチュラル・マイナー・スケールのポジションも
          覚えてしまったことになりますしね!!

          動画を制作してよかったと心から思えます…>< こちらこそ、本当にありがとうございました!!^-^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    FightingDog

    筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。