夢中と集中では時間の経過の感じ方が違うなと思う。



スポンサーリンク

夢中と集中って、似ているようで、違うなと思います。
まぁ、あくまで個人的な意見なのですが…

夢中とは…

物事に熱中して我を忘れること。また、そのさま。

コトバンク様より引用

集中とは…

1か所に集めること。また、集まること。

コトバンク様より引用

ということです。

最近、ぼくの中でこの意味に加え、時間の経過の仕方が少し違うなと感じております。

簡単に言うと…

  • 夢中→時間があっという間に経っている
  • 集中→意外に時間が経っていない

これは、前から結構感じていたのですが、集中している時って時間があまり経っていないように感じます。

ぼくは、1時間練習というのを好きでやっております。

僕が最近はまっている1時間練習

2017.03.14

で、この1時間練習を集中してやるわけですが、時計を見た時にいつも、
「あれ?あまり過ぎてないぞ」って思うわけです。

練習内容にもよるのかもしれませんが。

対して、夢中でしていることって時間の経過がとんでもなく早く感じる。

友達とサッカーしてたら、あっという間に17時になってたみたいな感覚です。

  • 夢中→自然とやっちゃうこと(楽しい>苦しい)
  • 集中→頑張ってやってること(楽しい<苦しい)

なんて分け方もできそうですね笑

練習を頑張りたくないなぁ笑



スポンサーリンク

で、何を書きたかったのかと言うと集中は、時間が知らぬ間に過ぎることはないってことです。

ちゃんと意識の中で過ぎている。

だから、1時間だけしっかり集中して練習するっていうのは、とても大事なことだと思うのです。

それを1日に8回続けてできる人はとんでもない人なわけです。

なぜなら、夢中じゃないからです。
夢中は、我を忘れていますから。

練習には集中がいいかな?って思います。

当然、夢中になってギター弾くのも大事ですけども。

そう、歳を重ねると、少なくなるのが夢中だと思いますね。

なんだか先が分かっちゃって、夢中になりにくいのでしょう。

ただ、今は練習には集中が必要だと思っています。
そして、いつまでたっても、いい意味で夢中になれる人でありたいですね。

今、調べたら英語で、

  • 夢中→crazy
  • 集中→concentration

ってでてきました。

全然ちげぇ!!笑

まぁ、色々な夢中があるっぽいですが…

ではでは 🙂

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。