「こんなことできるんだ」と言う可能性を知る大事さ



スポンサーリンク

少し前に、ニンテンドークラシックというものを買いました。
スーパーファミコンの小さいタイプのもので、
中には沢山の懐かしいソフトが入っております。


スポンサーリンク


で、スト2をやっています笑
正確にいうと、スーパーストリートファイター2かな。

ぼくの中ではこのゲームは全部スト2です笑

実はぼく、このゲームめっちゃ強いんですよ笑

昔はゲーセンによくやりに行きました。

小学生だったので、普段は行けません。
たまーに行ける時はとても嬉しかったことを思い出しますね。

うん、本当に嬉しかったですね。
あの、においとかクーラーの涼しさとか、未だに色あせない。

そして、歳上の人と闘って勝つと、向こう側から「バン!」と
ゲーム機を叩く音が鳴り響くという、人生経験をすることができました笑

「やべぇ殴られるのか?!」なんて思ったりして、ハラハラドキドキでしたねぇ。

そういうの含め、あの頃のぼくには新鮮で楽しかった。

100円で3時間くらいやってましたねぇ(懐)

誰か勝負しましょう(^^)

ただ今は少し下手になってますけども笑

で、先ほどバイソン辺りでふと昔を思い出しました。

地元のスーパーの小さなゲーセンにスト2はありました。

買い物についてきたぼくは、
母親に「お願い!」と、100円をもらって走っていきます。

メガネショップをこえて、ゲーセンに。

当時は1回50円だったかな?
なので、2回ほど遊べたわけなんですが、やり方も分からずド下手だったんですよ。

で、ある日のこと、またもや母親の買い物についてきたぼくは、
「お願い!」と頼んで100円を握りしめてスト2をやりにいったんですね。

メガネショップをこえてゲーセンに。

で、まぁ今回も負けそうで、「ヤバイぜ!」となっているところに、
ぼくより小さな男の子が隣に座って話しかけてきました。

まぁ、後に部活の先輩後輩になるのですが笑

で、

男の子「やらして!」と。

ぼく「え?」

(何言ってんの??)

いやいや、待っておくれ、これはおれの大事なお金でやっている真剣勝負なのだよ!
と戸惑っているぼくを押しのけ…スッとやり始めました。

「ちょ、おま…」

ですが…

この子がめちゃくちゃうまかった笑

で、華麗に敵をどんどん倒していくわけです。

「おぉー」となりました。

「うめぇな!!」なんて言いながら、僕は見てたわけですけども。

で、結局はその子もしばらくして負けて、そこで別れました。

「ちょい待てーい!!」とは思いつつ、なんとなく発見を感じながら。

で、何を思い出したかといえば、感覚なんですよ。

うまくなる感覚。

それまで、ぼくはスト2の世界は自分一人の世界しか知りませんでした。

ですが、うまい男の子のプレーをみて、
「なんじゃこれ!こんなふうにできるのか!」って可能性がワッと広がったんですよね。

それからですよ、ぼくのスト2レベルがぐんぐん上がったのは。

というか、強くなれたのはと言ったほうがいいですかね。

(他にも要因はありますが、印象にのこってますねぇ。)

そんなことを思い出しました。

またそれに近いことに、
エレキを触りだした高校生くらいの頃、レガートなんてものを知りました。


スポンサーリンク


ギタースコアをみて、HPSHPSって書いてあるけど、
やってみても音が途切れて全く鳴らないんですよ。

「これ本当にできるの??」なんて思ったりして。

こういうプレーですね。

ですけども、テレビでまたもや目撃したんです。

ソロで華麗にレガートを決めているそのギタリストを見て、
「あ、やっぱできることなんや!」とパッと目の前が広がりました。

あの感覚ですね。

そこから、レガートの習得は早かったように思います。

できるってことを知る、分かる」ってことが大事なんだなと強く思います。

そして、誰もやってないことをできるって信じること、これが難しいですが、、
(例えば自分で難しいフレーズを思いつくとこれ本当に弾けるのか?って不安になる笑)

また大事なことだなと。

そんなことをスト2をやりながら思い出しておりました。

懐かしいですねぇ。

そして、スト2おもしろいですねぇ。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。