オンコードがすぐ押せるようになる方法



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

ギターの弾き語りが好きで、コード弾きをよくする方は、
オン・コードというものを見たことがあるかと思います。

これがオン・コードです。

こういったコードが出てきた時、そこだけなんとな〜く弾いたり、
コードブックを調べたりしていませんか?

オン・コードは仕組みがわかれば、すぐに押さえることができます

しっかり押さえることができれば、
特に伴奏でメリットが大きいのでこの際覚えちゃいましょう☆

オン・コードの仕組みを理解するために必須な知識があります。

下の動画で解説しているミニコードがそれになります。

よろしければ、はじめにこちらをご覧くださいませ。


スポンサーリンク

オン・コードについて

楽譜には、このような表記で出てきます。

この場合の読み方は、ディー・オン・エフ#(シャープ)です。

楽譜によって、D/F#やDonF#と表記されたりします。

何を意味しているの?

左がコードネーム、右がベース音です。

指でつま弾くアルペジオ奏法を思い出していただきたいのですが、
最初にベース音をポーンと鳴らすと思います。

Dコードでしたら、ベース音はそのままD音。
つまり、4弦開放のD(レ)の音になります。

しかし、D/F#の場合は、
コードはD押してね、だけど、ベースはF#(ファ#音)にしてね。」
ということを表しています。

ということで、4弦開放のレではなく、ファ#音を探して弾くが正解になるんですね。

オン・コードを作る方法

オン・コードを作るには、先ほどのミニコードを使います。

その際、頭に入れておいてほしいことがあります。

  • 6.5.4弦は、ベース音担当。
  • 3.2.1弦は、ミニコード担当。
  • 4弦は、ベース音にもミニコードにもなる。

ということです。

基本は、6本の弦を半分に分けますが、
4弦はベース音にもミニコードの一部にもなるということです。

実際につくってみよう!!

それでは、実際にオン・コードをつくってみたいと思います。

法則
オン・コード=ミニコード+ベース音

先ほどの、D/F#でやってみます。

まずは、「Dコードを押さえて」と書いてあるので、Dコードを押さえます。

表左側の5弦がルートになる、Dを選択しました。

そして、このDのミニコードが、右2つになります。
どちらを選んでもOKです。

今回は、表右側の2〜4弦のDを使用します。

4弦がミニコードの一部になったので、ベース音は6弦か5弦となります。

それでは、F#(ファ#)音を探してみます。

ミニコードに近いF#音は、5弦9フレットになるので、そちらを選択します。

すると…

これで、D/F#の完成となります!!

いかがでしょうか??

簡単ですよね!!

ちなみに、なぜミニコードに2〜4弦のDを選んだのかと言いますと、
この場合、単純に押さえやすさとなります。

仮に、1〜3弦のDを選ぶと…

このようになります。

押さえられないわけではないですが、かなりのストレッチコードになっていまいます。

弾き語りの場面では、現実的ではないかもしれません。
ただ、「1弦の音がどうしてもほしい」や「このサウンドでなければ」
といったことであれば、この限りではないですね。

他にもつくってみましょう。

A/C#ならどうする??

もちろん、これも同じです。

法則
オン・コード=ミニコード+ベース音

まずは、Aコードを押さえてみます。

表左側の6弦ルートのAを押さえました。

ミニコードを作ります。

今回も表右側の2〜4弦を選択してみました。
4弦がミニコードになったので、ベース音は、6弦か5弦。
ベース音のC#音は…

あとは、ミニコードに近い方を選択します。

わーい、完成となります 😛

ちなみに、1〜3弦のミニコードを選択していたら…

 

うん、今回はこちらでも現実的ですね。

Bm/Aは??

 

少し、休憩タイム笑

僕もいただいてます笑

それでは行きましょう!!

これも全く同じです笑

法則
オン・コード=ミニコード+ベース音
もういい加減くどいですかね??

5弦ルートのBmを選択しました。

では今回も2〜4弦をチョイス。
4弦がミニコードの一部になったので、ベース音は6弦か5弦。

今回の場合ベース音が、5弦は開放弦になります。

ということで、どちらを選択してもいいですね。

個人的には、移動ができる左側をよく押さえます。
が、場面に応じて臨機応援に変えたりします。

4弦がベース音になる

4弦がベース音になるケースも見ていきましょう。

例えば、C/Gです。

重要
どのコードでも4弦ベースのオンコードはつくれます。C/Gが例外というわけではないです。

それでは、また同じことをします。

5弦ルートを選んで、ミニコード。
そして、ベース音ですね。

4弦をベース音で使用するので、
ミニコードは必然的に、1〜3弦(表中央)となります。

ベース音はこの2つで、4弦を選択します。

すると…

完成しました。

4弦は弦が細いので、6弦や5弦に比べて音が軽いです。
曲の出だしのAメロ、しっとりと静かに演奏したい時に、
4弦を選択したりするといいかもしれませんね。
反対に、盛り上がるサビには、6弦のG音を選択したり。

こちらも臨機応変に。


スポンサーリンク

最後に

もう一回D/F#をやってみます。

こちらの動画の1分7あたりで言っているのですが、
5弦ルートのメジャー・コードはこちらもあります。

これで、Dを押さえると…

となります。

それで、ミニコードをつくると、

2〜4弦のミニコードを選んで、ベース音のF#を探すと、

これで完成ですね。

それで例えば、ストロークを弾いていて、
場合によっては、1弦の音が欲しい時もあるかと思います。
弾き語りで、それまでのローコードは、1弦までジャンジャン弾いているのに、
オン・コードになったら1弦を弾かない。
すると、サウンドに差ができてしまう、なんて感じたら…

1弦も無理なく押さえれるなら、押さえてしまいましょう。

これをしたらいけない、というのはないと思うので、こちらも臨機応変にですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

大変長くなってしまいましたが、これでオン・コードの仕組みについては以上です。

法則
オン・コード=ミニコード+ベース音

こちらを覚えておいていただけば、もうオンコードはこわくないと思いますし、
なんとなく弾き進むことも、本で調べることもなくなると思います。

そして、何より彩豊かな伴奏ができるかと思います。

自分でその都度、考えて押さえればモノになっていくと思います。

興味がありましたら、やってみてくださいね!!

動画もつくりました、よろしければどうぞ!!

ではでは 🙂

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。