[TAB&動画]試奏で使えるチキンピッキングをご紹介!!



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は試奏で使えるチキンピッキングをご紹介したいと思います。
いや、本当は試奏ではなく、バリバリ、ギターソロで弾いてくださいませ 🙂

チキンピッキングは以前にも紹介しています。

チキンピッキングを攻略せよ!

2016.08.13

それでは、まずは動画をご覧ください★

TABはこちらです。

gtgh

今回のフレーズでは…

  • ピックと中指の併用に慣れる
  • Eマイナーペンタぼポジションを覚える
  • 8音ワンセット
  • ミュート
  • キメのヴィブラート

といった所です。

それでは、早速解説にいきたいと思います。

ピックと中指の併用に慣れる

ピックと中指の併用に慣れることが重要です。
まずは、何と言ってもこれですね。

初めて弾くと、中指ではじく事そのものが難しいと思います。
距離感に違和感がでるのでしょうね。

という事で、まずは隣り合った弦(例えば、1弦と2弦)で、ピッキング(2弦)→中指(1弦)と交互に弾く事をおすすめします。
テレビでも見ながら(笑)早々と距離感(感覚)を掴んでしまってください。

モーションは小さくする事が鍵となります。

Eマイナーペンタのポジションを覚える

Eマイナーペンタのこのポジションを使用しております。

xs

恐らく最も有名なポジションの1つ左のポジションです。
見ると分かりますが、覚えやすいポジションだと思います。
規則性があるので、運指も比較的楽になると思います。
僕は、すべて人差し指と薬指で弾ききっています。

8音ワンセット

fru

赤四角を見ていただくと分かりますが、8音でワンセットとなります。
まずは、一つのポジションで練習して動きを身体に入れるといいと思います。

ミュート

歪んだギターには、ミュートが不可欠になります。
基本は出したい音だけを出すを意識して練習する事が大切になります。

キメのヴィブラート

フレーズの最後にくるヴィブラート。
なんと言っても、ここが大事になってきます。
ヴィブラートをしなくても、何らかの意思をもった終わり方にしなければ、フレーズが台無しになってしまうので、大切なところです。


いかがでしたでしょうか??

今回のフレーズは僕もよく弾きます。
難易度は上がりますが、ペンタトニックの他のポジションも弾けるようにしておくと、力強い味方になってくれると思います。

クランチトーンやアコギでやってもかっこ良く響くんですよね♪

あ、あと、試奏で速く弾くときは、さりげなくが大事です笑

ではでは 🙂

ピッキングを一切せず、タッピングだけで弾き切るフレーズ

2017.03.25

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。