スウィープをドラマチック&メロディアスに奏でる方法



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

今回は、トップノートを動かすことによって、普通のスウィープ・フレーズをドラマチックにするフレーズを紹介します★

それでは動画をどうぞ♪

TABでございます♪

grggrg

今回のフレーズで押さえるべき点は…

  • 右手(スウィープ)
  • 左手(指の動き)
  • 左右を合わせる
  • ミュート

でございます。

それでは解説に入ります★



スポンサーリンク

右手(スウィープ)

僕は、これ5本弦スウィープだと思っていたのですが…

ghth

始まりがプリングで始まっているので、4本弦スウィープですね。

なぜプリングで始めるのかと言いますと、フレーズの弾きやすさだったり、勢いづけだったり、好みだったりプレーヤーによって違う感じですね。
実際の所はあまり意識してないですね笑

スウィープピッキングなので、右手はしっかりピッキングしていきます。
1本1本の弦をスピードは速いですが、捉えていきます。

なでるようにストロークしてしまうと、それはピッキングにならないのでお気をつけくださいませ。

ということで、最初はフレーズを弾かず(左手はなし)にリズムだけとるといった練習が効果的かもしれません。
左手はミュートして、右手を行ったり来たりさせます。
その時、自分の中のテンポ感でいいので、リズムを感じながらピッキングしてみてください。

しかし、左手が入って初めてリズムがとりやすくなる事もあるので、臨機応変に取り入れてみてください。

 

<左手>

左手のみで、動きを身体に覚え込ませたいのですが、フレーズの都合上、少し難しいです。
なぜなら、ジョイント部分があるからです。
ジョイントとは、同じフレットで隣接した弦を一本指で弾くことです。

Gの場合ですと、1弦15Fと2弦15F、4弦17Fと5弦17Fの2箇所ですね。

ジョイント部分は薬指1本で弾く事になります。

下降時の場合で言えば、4弦17Fに力を残したままでいると、5弦17Fを弾いた時に音が重なってしまいます。
1音1音独立して鳴らす為に、うまいこと、薬指の力を移動させてみてください。

これは上昇も、下降も同じです。

1弦部分では、メロディに変化を加える為に、フレットがかわります。
ここは少し練習すればできるかと思います。

左右を合わせる

右手、左手、それぞれ慣れてきたら左右を合わせます。

少しずつ弦を増やしていくのがいいと思います。
その際、メトロノームはない方が、ぼく的にはやりやすいんじゃないかと思います。

「気をみて森を見ず」

僕は全ての音をしっかり発音させたいです。
その上で…

「森編」

押さえておくとうまく聴こえるのが、トップとボトム
つまり、1弦と5弦でです。
ここをうまく発音させる事によって、全体がきれいに聴こえます。
つまり、それっぽく聴こえると言うことです。

「木編」

次に、中身(2弦〜4弦)です。
1音1音ピッキングをすること、ジョイント部分を綺麗に発音させる事を意識して弾いていきます。
それっぽく→しっかりしたものに仕上げていきます。

どこのポイントを押さえたらうまく聴こえるのか?は大事だと思いますね。


ゆっくり、弦を増やしていく練習は勿論ですが、できなくても良いから速く弾く、まるでもうできてるかの如く弾くことは大切です。
これによって感覚がつかめます。
この感覚が大事なんですよね。

最初から速く弾くと、速く弾く事に抵抗がなくなるんです。
つまり、速いのが自分の中の普通になるんです。
こうなれば、しめたものですね♪

oijrg

Fコードの方は、Gをまんま左に2フレットすらしただけです★

ミュート


僕のなかでスウィープは、右手と左手をしっかり合わすことで完結します。
その上で、補助的にミュートをします。
下降時のは、ジョイント部分は右手でミュートできません。
左手勝負になりますので注意してみてください。

スポンサーリンク


いかがでしたでしょうか??

今回は、トップノートを動かせてメロディアスに奏でるスウィープの紹介でございました。

これによって、曲のアレンジにもつかえます。
つまり、練習フレーズ感がなくなるので、より実践向きになるのではないかなと思います。

気に入りましたら、練習してみてください★

ではでは 🙂

ここぞという時に繰り出す巨大なスウィープタップを弾き切る!!

2017.04.11

その他スウィープに記事です♪

激しく移動する3本弦スウィープを弾き切る!!

2016.07.25

移動型6本弦スウィープに挑戦!!

2016.07.18

2本弦スウィープを攻略!!

2016.07.17

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。