<音程>教則本や雑誌を10倍楽しく読むための表記の話



スポンサーリンク

どうも、FightingDogです 🙂

音程の記事を沢山書いてきましたが、そのすべてを日本語表記で統一してきました。

『完全』『長』『短』『増』『減』『重増』『重減』

これ全部、日本語ですよね。

しかし実は、よく使われる表記は他にもあるんです。
おもに、教則本や雑誌、会話の中でですね。

ということで、ココを押さえておけば、困らない、悔しい思いをしない、
音程の表記の話を、今回は書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

表記の種類

表記には、日本語の他に英語記号があります。
記号というのは、ぼくが勝手にそう呼んでいるだけですが笑

例えば…

こんな感じです。
既に見たことがあるかもしれませんね。
日本語表記しか知らないと、せっかく知識があっても悔しい思いをする可能性があるので、
押さえていきましょう。


スポンサーリンク

英語表記

では、まずは英語表記です。

それぞれ、表の通りとなります。

数字

そして、次に数字ですね。

順序をあらわす(〜番目)序数ですね。
シックスなのか、シックススなのかは分かりませんが笑

ということで、例えば、完全5度。
これは、英語表記では、『P5』→パーフェクト・フィフスとなります。

では、長2度だったら?
『M2』→メジャー・セカンドですね。


スポンサーリンク

記号表記

それでは、記号表記いってみましょう。

こちらは、<完全グループ>と<長・短グループ>で分けて考えます。
そう、「分ける」のが大事なんです。

なぜか?

表をみてください。
どちらのグループにも、♭が1つの箇所がありますよね。


これの意味が違うんです。

たとえば、♭5と♭3の意味は違うのです。

完全グループの方を見て、♭1つ→『減』と理解してしまうと、
♭3を見たときに減3度だと間違えてしまいます。

長・短グループをご覧ください。
♭1つは、『短』ですよね。
つまり、♭3→短3度なんですね。

この表を覚えよう

このイラストを覚えてしまってください
難しいことはないです。

赤四角を真ん中と思えば、スッキリするかと思います。
両端はどちらも、『増』と『減』ですからね。

ただ、<完全グループ>は、『完全』→「なし」に対して、
<長・短グループ>の方は、『長』→「なし」、『短』→「♭」
だということを覚える必要があります。

『短』で♭が登場するので、さらに距離がせまくなった『減』は♭が2つになるのです。

グループを見極めることが大事

ということで、例えば「♭7」と書いてあったら、それがどちらのグループに属すのか?
を最初に見極めることが大事です。

7は、<長・短グループ>ですね。


なので、♭が1つは『短』だと分かるのです。
♭7→短7度ということですね!!

数字

数字の読み方は、先ほどと同じ序数だと思います。

なぜ、「だと思います」なのかは、ぼくもここら辺はハッキリ分かってないからです…
人によって、読み方や言い方が違うのでは?といった感じですね。
(僕自身は「こう読みます」、というのを見たことがなくて…)

『5』であれば、「ファイブ」をよく聞きますね。
ぼくは、反射的に『1』だけ書いてあったら、「いち」と読んじゃいますね…
♯9をシャープ・ナインスという方は多いですね。
これを、ナインスというのなら、♭5はフラット・フィフスが正解な気がしますね。
しかし、フラット・ファイブとよく聞くし、言う…

時と場合による感じでしょうか…

ここら辺は曖昧な部分があるかと思います。
伝わればいい的な笑
多分、〜番目の意味をもつ序数かなと思います。

まぁ、これに関しては、普通にギターを弾く上で困ることはないと思います笑

追記*これを書いた後に、ふと動画を見ておりました。
すると、コードではありますが、有名な外国のギタリストの方が、
G♯m7(♭5)の♭5を「ファイブ」と言ってましたね。

そして、その下のテロップには、G♯m7(♭5th)とわざわざ「th」が書いてありました。
フィフスということですね。
これを見て、ぼくはやはり多分ですが、序数が正解かなと思いました、多分ですが。


スポンサーリンク

さいごに

これで、音程はおわりとなります!!

みなさん、おつかれさまでした!!
お付き合いありがとうございました 😛

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。