ギターが簡単にうまくなる方法!!裏技「あなたが教える側に回る」



スポンサーリンク

突然ですが…

あなたはギターがうまくなりたいですか?
一刻も早くうまくなりたいですか??
うまくなりたいですよね???

ぼくはなりたいです笑

どうも、FightingDogです 🙂

「いやいや簡単にうまくなれる方法なんてないでしょう…」

そう、ないですよ笑

しかし今回は裏技なんです笑
裏技的、簡単にうまくなれる方法を皆さんにお届けしたいと思います。

その名も…

「自分が教える側に回る」です!

あ、当然ですが、ギターは弾きますよ笑


スポンサーリンク

あなたが先生になろう

人間には大きく分けて2種類存在します。

それは、教える側の人間と習う側の人間です。

世の中を見渡すと、塾だったり、教室だったり色々ありますよね。
で、その中身はどうなっているかというと、先生と生徒がいますよね。

当然ですが、先生が教えて、生徒が習うわけですね。

そこで、一言。

あなたは「生徒になるんじゃなくて、気持ちの上だけでも先生になりましょう」ということです。

教える側になればいいんです。
あなたが仮にあまり弾けなくても、気持ちの上で先生になればいいのです。


スポンサーリンク

ギターがうまくなるには、なぜ教える側に回るといいのか?

その理由は4つ。

  1. 意識が変わる
  2. 得意げになる
  3. 自発的になる
  4. オーラがでてくる

です。

1.意識が変わる

人に教えようと思っているので、弾いている時、常に考えます。
考えて手が止まるのではなく、弾きながら常に考えています。

「ここをこう使えば、こういう時にこうなる」というように頭の中に付箋を貼るようになります。

つまり、ただなんとなく弾けるのではなく分かった上で弾けるのです。

言い換えれば、人に説明できる

いちいち付箋を貼らなくても、弾けるようになる人はいますが、人に教えることはできないかもしれません。
自分でも「なぜできるか?」が構造的に分からないからですね。

2.得意げになる

得意げになるのです。
これはギターや他の物事でもそうですけど、かなり大事なことだと思っています。

気持ちの上で得意げになると、本当に得意になってきます。

得意になると、次は好きになってきます。

好きになるとどうなるか?

「ギターにふれたーい!」となりますね。
ネックの感触とか大好きになったあなたはもうギターからは放れられません笑
うまくなる上で、ギターに触れたいと思う気持ちは1番大事でしょう。

3.受け身じゃなくなる。

ギターに対して受け身じゃなくなります。

教えられる側というのは、得てして受け身な場合が多いです。
自分で、何かを掴みにいくのではなく、待っている状態ですね。
反対に気持ちが教える側に回ると、自発的に掴みにいきます

学ぶ気持ちがもう全然違うんですね

4.オーラがでてくる

家のポストに教師のチラシが入ることってないですか?
音楽教室やヨガ教室など。
そのチラシにはきっと楽しそうなレッスン風景が載っていると思います。

そこで注目。

今までは、見過ごしていたかもしれませんが、捨てる前によーく見てください。

きっとあなたには「誰が先生なのか?」が分かるはずです。

そう、先生っていうのは一人目立っているんですよ。
どれだけその写真に沢山の人間が写っていようが、分かるはずです。
顔つきだったり、雰囲気だったり、服装だったりが写真から滲み出ているはずです。

うまくなることと無関係に思うかもしれませんが、雰囲気が出てるって重要だと思いますよ。
人に「何かが違う」って思われることは大切だと思うのです。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

教える側に回ることで、

  • あなたの練習に対する意識が変わる
  • 得意げになって得意になって好きになっちゃう
  • 受け身ではなく常に自発的になる
  • オーラがでてくる

本当に?と思われる方もいるかもしれませんが、実践してみてもいいかもしれませんよ。
自己責任でお願いしますけども笑

しかし、自分がなりきるといいますか、気持ちって大事だと思うんですよね。
傲慢な態度になるとかではなくて、意識するといいますか。

きっと、何かが違ってくるはずです。

スポンサーリンク







2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA