ギターが上達する人はこんな人



スポンサーリンク

ギターがうまくなる人はどんな人か…結論から言います。


自分で練習メニューが考えられる人
です。

なぜなら、今の自分に足りないことだったり、自分が欲しい技術にはこれが効果的と分かっているからです。

また、これが1番大事かもしれませんが、自分で作った練習フレーズは自分に合っているので単純に楽しいんです。
なので、教則本の練習メニューでもいいのですが、自分でフレーズを作ったり、練習メニューを作ったりするといいと思います。



スポンサーリンク

練習メニューをつくろう

中には練習メニューをどうつくれば良いのか分からない方もいるかもしれません。
そんな方は、初めは教則本に載っているものを参考にすればいいと思いますね。

最初からできないと思わないこと

例えば、曲作りなんかもそうなのですが、作れる人と作れない人がいますよね。

作れない人って言うのは、最初からできないと思っている方が多い気がします。
恥ずかしがっているというか、「いやぁ無理ですねぇ」みたいな。
「歌詞なんか書けないよ!」みたいな。

でも、「お腹へった。」とか書けるわけです。

「しっかりしたものをつくらなければ!」と考えているのかもしれませんね。
(最初から作る気がないってのが大きいかもしれませんが。)

これは曲作りじゃなくとも多分、何においてもそうではないか?と思うのです。

もとから、曲を沢山聴いていたとか、歌詞を読むのが好きだった等あるのかもしれませんが、最初、自分がどっち側につくのか?という所が重要になってくると思います。

できないと言えばできないので、できると言っておきましょうみたいな笑

練習メニューをつくってみる

練習メニュー(フレーズ)も、お腹へったみたいなことでいいと思うので、難しく考えず適当に作ってみてやってみたらいいと思います。

それが自分で責任を取るということですよね。

自分で考えたものなら…

  • 修正もできる
  • レベルも上がっていく
  • なにより楽しい

と思います。

ぼくは、いまこんな練習にハマってます。

最近ハマっている練習方法

2017.05.23

僕が最近はまっている1時間練習

2017.03.14

うん、楽しいですね★

うまくなる最高のスパイスが楽しいということです。
ですから、練習メニューつくりましょう!

まとめ

自分に合った練習メニューやフレーズを開発できたとき、無敵になります。
何時間でもやること(自発的にやってしまう)ができれば、それ即ち上達するです★

ぼくも文章下手ですけど…「お腹へった」みたいに書いてますので笑

ではでは 🙂

こちらもどうぞ♪

バシッと左右のタイミングを合わすピッキング練習の秘密

2017.05.25

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

FightingDog

筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。