自分に自信のない人は他人の意見を信じやすいという話



スポンサーリンク

他人の意見に賛同する方が楽なものだ。

なぜなら、自分は二人目になれるからだ。

しかし、自分の意見を信じるのは難しい。

自信がないと、難しい。

なぜなら、自分が一人目にならなければいけないからだ。

それが正しいか、間違っているかは、分からない。

(ただ、自分は正解だと思っていることもある。)

他人に少し意見されただけで、気持ちが揺らぐかもしれない。

一人目(パイオニア)には覚悟がいる。

一方、他人の意見を信じていれば、自分は傷がつかないし、覚悟もいらない。

誰かが既に声を大にして叫んでいるし、正解に思えるからです。

自信がない人は自信をもって信じることができてしまう。

楽だし、怖くないから。

例え、意見を持っていても、自信がなければ、迷ってしまう。

分かったように、自分の考えのように、伝えてしまうかもしれない。

しかし、真実はきっとあって、それは、素直に自分と話し合わなければ出てこない。

その時、大事なのは、そこに「見えない誰か」を入れないこと。

お話し相手は自分だけ。

自分の意見や考えを信じることには、覚悟がいる。

練習していて思ったこと。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA